このブログだけでなく、姉妹サイトがあります。
右側に姉妹サイトの一覧があるので、ぜひ、見てやってください。





2019年07月01日

マンフロット 三脚 Befree を買いました。

デンと構えてしっかりと撮影する三脚は持っているのですが、遠出の際にカメラリュックに装着できるコンパクトな三脚(トラベル三脚)が欲しかったので…

マンフロット 三脚 Befree 

マンフロットの befree アルミニウム三脚ボール雲台キット を買いました。

専用のケースも付属してました。

マンフロット 三脚 Befree 

話が長くなるので、続きはこちら

posted by tara4343 at 18:35 | Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

マンフロット(Manfrotto) Street バックパック を買いました

一眼レフカメラを持ち歩くのに、ショルダーバッグにインナーケース(詳細はこちら)を入れていたのですが、肩が痛い今日この頃。

片がけだと、一点に負担がかかるので、リュックタイプのカメラバックにしてみることに。

まず、一目ぼれでEndurance(エンデュランス)のカメラバック(後日、詳細を書きます)を買ったのですが、これが大容量なのは良いのですが、大きくて…

そこで、もう少しコンパクトということで、たどり着いたのが、マンフロット(Manfrotto)の「Street バックパック」です。


マンフロット(Manfrotto) Street バックパック


2017年、デジタルカメラグランプリで金賞を受賞しています。

見た目も、流石、イタリアのメーカーです。お洒落さを感じます


話が長くなるので、続きはこちら

posted by tara4343 at 16:40 | Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

NDフィルターを使ってスローシャッターで滝を撮影

滝を見るのが好きで、このブログでもいくつか紹介しています(関連記事

滝を写真撮影していくうちに、段々と「水の流れが滑らかに表現された写真」が撮りたくなってきました。

シャッタースピードを遅くするといいのは分かっていたのですが、NDフィルターを使うことは知りませんでした。

このNDフィルターを使用しないと、光を取り込みすぎて(シャッターを遅くすると、シャッターが開く時間が長くなるため)、写真が白飛びしてしまいます。

そこで、今回、NDフィルターを購入しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マルミ光機 DHG ND16 NDフィルター 77mm
価格:5520円(税込、送料別) (2019/2/11時点)

楽天で購入




今回、購入したのはND16と言うヤツです。

NDフィルターには、ND4、ND8などの表記がされています。

これは、光量を何分の1に減らすかを表しています。

ND4で光量を1/4に、ND8だと光量を1/8に減らす効果があります。

要は、数字が大きいほど、光を遮る効果があるというわけです。



NDフィルターを2枚重ねて使用した場合は、掛け算になります。

例えば、ND4とND8のNDフィルターを重ねて使用すると、4×8でND16相当の効果が得られます。




試しに撮影してみました。

NDフィルターはレンズに装着するとこんな感じ。

滝をNDフィルターで撮影

IMG_20190207_201752.jpg

シャッタースピード優先モードを使い、シャッタースピードは1.5〜2秒ぐらいにしています。

シャッタースピードがスローなので、写真がブレないように三脚を使います。

まずは、普通に撮影するとこんな感じ

滝をNDフィルターで撮影


NDフィルターを使うと…

滝をNDフィルターで撮影

どうです?

なかなかいい感じでしょ?

もっと写真を見たい方はこちら



posted by tara4343 at 13:00 | Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

SLIK 三脚 ミニ II (卓上三脚) を買いました。

ちょっとした集合写真や、街中の夜景撮影など、大きい三脚を出すまでもない。そういうときには、卓上三脚はありがたいです。

ゴリラポッドは持っていたのですが、コンデジぐらいしか乗せられないので、一眼レフ、しかも、フルサイズが乗せられる卓上三脚がないかと思っていました(暗所の撮影にはフルサイズが良いので)

そんなときに見つけたのが、「SLIK 三脚 ミニ II 」です。

ネットの画像では、APS-Cの一眼レフを乗せたものがあったので、試しに中古ですが購入してみました。




ちなみに、現行型はこちら(H30.9.9現在)







実際に触ってみると、頑丈な作りです。

SLIK 三脚 ミニ II   卓上三脚

SLIK 三脚 ミニ II   卓上三脚



これなら、フルサイズでもいけるかも…

SLIK 三脚 ミニ II   卓上三脚

D750とキットレンズの24-120mmをつけて、下に傾けて乗せてみましたが、カメラが下がってくることはありませんでした。雲台は大丈夫です。



脚が2段階で伸びるので、伸ばしてみると

SLIK 三脚 ミニ II   卓上三脚

高さはそんなに変わりませんが、安定感は増しそうです。

これなら、フルサイズでもいけそうです。

絶えず携行しておいて、チャンスがあれば使ってみます。

その際は、また、ブログに書きますね。


posted by tara4343 at 15:20 | Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

TAMRON(タムロン) SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005) の使用感


工場の夜景を撮影するのに望遠レンズが欲しかったので、久振りに一眼レフカメラのレンズを新調しました。

 TAMRON(タムロン) SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005)

TAMRON(タムロン) SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD

予算が乏しかったので、一つ前の型を中古で買いました。

現行モデルは下のものになります。





ニコン AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR と比べると、結構な大きさです。

 TAMRON(タムロン) SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005)

右がTAMRON(タムロン) SP 70-300mm です。





お手頃価格の望遠レンズですが、中々の画質。

まずは夜景の様子です(画像をクリックすると拡大されます)

三脚使用で、手ぶれ補正はOFFにしています。

 TAMRON(タムロン) SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005) で撮影

 TAMRON(タムロン) SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005) で撮影

 TAMRON(タムロン) SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005) で撮影

 TAMRON(タムロン) SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005) で撮影

 TAMRON(タムロン) SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005) で撮影




今度は、手持ちで(こちらも画像をクリックすると拡大されます)

 TAMRON(タムロン) SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005) で撮影



 TAMRON(タムロン) SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005) で撮影

上が広角側の端で、下が望遠側の端になります。

 TAMRON(タムロン) SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005) で撮影



 TAMRON(タムロン) SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005)

上が広角側の端で、下が棒縁側の端になります。

 TAMRON(タムロン) SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005) で撮影

どうです?

思ったよりクッキリとした写りです。

望遠も思っていたより拡大されますね。

手ぶれ補正は、カチっと音がして、ロックオンしたような感じです。

高額でない望遠の暗いレンズだと、シャッター速度を稼ぎにくいので、手振れ補正はありがたいですね(特に室内)

ただ、望遠側端での撮影の場合、薄暗い場所だと、感度を上げてシャッター速度を速くしないと、ブレた写真になりました。

過信は禁物ですね。



posted by tara4343 at 18:34 | Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする