このブログだけでなく、姉妹サイトがあります。
右側に姉妹サイトの一覧があるので、ぜひ、見てやってください。





2016年09月06日

TAMRON SP AF90mm F2.8 MACRO 172E を購入


カメラを Nikon D750 に買い換えて、寄って撮影できるレンズがなかったので、前回のアジサイの撮影では苦労しました。

そこで、新しくレンズが欲しくなってきて…



調べてみると、タムロンの90mmのマクロレンズが高評判なんですが、




高いんです。

その分、前回よりピントは合いやすくなっているそうなんですが。

そこで、一つ型を落とそうかと。




どうせ急がないので、もう少し欲を出して、オークションで程度の良い中古を狙ってみようか…

話が長くなるので、続きはこちら

posted by tara4343 at 13:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

オリンパス フィッシュアイボディーキャップレンズ「BCL-0980」

室内や風景などを写真撮影していると、もう少し広く撮りたいと思うことがあります。

ブログなどで状況を伝えたい時は特に。

折角、フルサイズのカメラにしたのだから、広角レンズを…なんて思うのですが、お値段が高い

そこで、見つけたのが




フィッシュアイボディーキャップレンズです。

マイクロフォーサイズ規格なのですが、丁度、GX1を持っているので、買ってみました。



話が長くなるので、続きはこちら

posted by tara4343 at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

憧れのフルサイズ! 「ニコン D750」を…(T_T)

デジタル一眼レフカメラ(以下、デジ一)を使っていると、「いつかは…」と思うのが、フルサイズ。

フルサイズと言うのは、イメージセンサーのサイズです。

イメージセンサーのサイズ

入門用〜中級機のデジ一は、APS-Cサイズになります(僕の愛機のニコンD90もこのサイズになります)


イメージセンサーが大きいほど、より高画質な画像を得ることができます。


フルサイズのカメラの大きな特徴としては、
暗所の撮影に強い。
ボケが出やすい。

それから、広いダイナミックレンジを活かした、階調性、色再現性は、すばらしいです。

木々の緑なんかを見ると、違いがよく分かります。




最近、D90の調子が悪く、以前、修理に出したのですが、また、シャッターが切れない時が度々あるので、もう、修理に出すぐらいなら、買い替えを…と思っていました。

どうせ買い換えるなら、上を目指してフルサイズと思うのですが、ただ、結構、いい値段がします。

悩みに悩んだ末、清水の舞台から、飛び降りる気持ちで、4年ローンで買いました(^_^;)

ニコン d750


ニコン d750

僕が持っているレンズで、フルサイズに対応するレンズが、単焦点レンズしか無かったので、レンズキットを購入しました。




ニコン d750
D750(左)  D90(右) 
大きさの違いが解るでしょうか?



ニコン d750
SDカードが2枚入れることが出来ます


話が長くなるので、使用感はこちら

posted by tara4343 at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

今頃ですが、RAWデータで撮影始めました

デジタル一眼レフカメラを楽しんでいる人なら、知っているであろう「RAWデータ」。

カメラの画像保存形式で、カメラ側で写真処理ををしていない状態なので、JPEGデータに比べて、詳細に修正(RAW現像)を行うことができます。

「ニコン D90」の露出とホワイトバランスの調整が、なかなか納得がいかなくて困り果てて、辿り着いたのがRAW現像です。

敷居が高そうで、敬遠していたのですが、RAWデータを再生したり、編集したりできるソフトを使えば、JPEGデータと取り扱いは、然程変わりません。

このソフトは無料でダウンロードできます(
Capture NX-D

使ってみると、思ったよりも簡単で、[露出補正]  [ホワイトバランス調整] [輪郭強調] [コントラスト] [明るさ] [色の濃さ(彩度)] [色合い(色相)] [傾き修正]などの調整が可能です。

使い勝手がいいようにJPEGデータに変換してパソコンに保存しているのですが、この変換もこのソフトでできます。


RAWデータで保存するようになってから、撮影ごとに、露出やホワイトバランス等を調整を取らなくていいので、シャッターチャンスを逃さないし、気軽にシャッターが切れるようになりました。

だって、後から自分好みの写真に仕上げればいいから(^^)

一枚一枚、加工することで、写真に対して愛着も沸きますし、自分好みの色で写真が作れるのが、何よりも嬉しいです。



油断すると、すぐに白飛びしてしまうじゃじゃ馬なカメラには、RAW現像は絶対にお勧めです。

もっと、早くやっておけば良かったなあ。


posted by tara4343 at 12:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

「パナソニック LUMIX DMC-XS3」のレビュー

食レポで使うために、新しいカメラを購入しました(その理由は、こちらの過去記事で

パナソニック LUMIX DMC-XS3

パナソニック LUMIX DMC-XS3

パナソニック LUMIX DMC-XS3

パナソニック LUMIX DMC-XS3

幅 92.2×高さ54.4×奥行18.5mm   103g(バッテリー、メモリーカード含む) 

非常にコンパクトで薄く、軽いです。

ブログのレポート用なので、画質はそこそこでいいので、持ち運びしやすいコンパクトさを優先しました。

ただ、食レポなどの室内撮影もしたいので、ある程度の暗所撮影はできないと困ります。

しかし、この手のコンパクト優先のデジカメは、スマホに取って代わられてしまっているので、現在は、なかなか無いんですよね。

この条件に当てはまるカメラが、現行型で納得が出来なかったので、過去にさかのぼり、「LUMIX DMC-XS3」にしました。

このカメラの発売が、2年ほど前。

デジカメの進歩の2年差は相当なものです。

画質を優先するなら、処理能力の進化した新しいカメラの方が良いのでしょうが、あくまで今回はコンパクトさを優先させたので、このカメラにしました。

暗所撮影の方も、謳い文句に
「夜景や暗い室内も明るくキレイに撮れる 14.1M 高感度MOSセンサー&ヴィーナスエンジン」
とあるので、この言葉を信じました。

話が長くなるので、続きはこちら

posted by tara4343 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする