このブログだけでなく、姉妹サイトがあります。
右側に姉妹サイトの一覧があるので、ぜひ、見てやってください。





2018年03月19日

太陽酒造の「おり酒」をいただきました

明石西国観音霊場を巡っているときに、たまたま見つけました。

IMG_20180218_133723.jpg

太陽酒造



以前、酒屋で、ここのお酒の「たれくち」を頂いたことがあったので、寄ってみることに(「たれくち」の感想はこちら

丁度、最近、凝っている「にごり酒」が売っていたので、買ってみました。

「おり酒」  太陽酒造

「おり酒」  太陽酒造

おり酒

にごり酒は、おり酒ともいうそうです。



「おり酒」は、「たれくち」の底に溜まった「滓」に加熱殺菌をせず、そのまま瓶詰してあるそうです。

そのために、酵母が生きていて、発酵を続けるので、飲んだときに、かすかに炭酸の刺激が感じられます。

この炭酸のガス抜きのために、キャップには穴が空いています。

「おり酒」  太陽酒造



糖分・酸味料等は加えていないそうです。

だから、甘ったるくなく、米の旨味を堪能できます。

これは、病みつきになる旨さですね(^^)

しかも、翌日に残らない…良いお酒の証ですね。



[住所] 兵庫県明石市大久保町江井島789
[電話] 078-946-1153



追記、
地図から、その場所のブログ記事にいけるようにしています。



posted by tara4343 at 05:59 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

にごり酒 五郎八  [菊水酒造]

最近、にごり酒がマイブームなんです。

そんな僕が、よく買うのが、

にごり酒 五郎八  [菊水酒造]

にごり酒 五郎八  [菊水酒造]


にごり酒 五郎八  [菊水酒造]

菊水酒造の五郎八です。

菊水酒造と言えば、濃厚で甘口の「ふなぐち」が有名ですよね。

このお酒も、甘口で、アルコール度数が 度あるにもかかわらず、飲みやすくなっています。

気をつけないと、ついつい飲みすぎて、後で後悔することになります(^_^;)



posted by tara4343 at 19:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

「播州一献 にごり酒」 を頂きました [山陽盃酒造]


最上山公園に紅葉を見に行った際に、「播州一献」で有名な山陽盃酒造(詳細記事はこちら)の酒蔵を見つけました。

色々と試飲させて頂いたのですが、洗練された味で、どれも美味しかったです。

その中で、お財布と相談して僕が選んだのは…

播州一献 にごり酒

播州一献 にごり酒

播州一献 にごり酒



酵母と酵素がまだ死んでいないので、蓋には空気の逃げる穴があいています。

これが、飲んだときに、微炭酸のようにシュワシュワします。

味の方は、にごり酒だけど甘くなく、キレが良いです。

しかりと米の味を堪能できます。

ただ、試飲した中では、甘く感じるかな?

期間限定販売で、店頭では中々お目にかかれないと思うので、酒蔵ならではのお酒だと思います。


posted by tara4343 at 13:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

七味屋本舗  [京都府京都市東山区清水]

七味屋本舗は、七味唐辛子を扱うお店で、清水寺参道にあります。

清水寺に行った際に(詳細記事はこちら)、寄ってきました。

七味家本舗

360年もの歴史があるそうです。



話が長くなるので、続きはこちら

posted by tara4343 at 13:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

憧れの「獺祭 磨き二割三分」を飲みました

あの有名な日本酒「獺祭」を頂きました。

獺祭 磨き二割三分

安倍首相が来日したオバマ米大統領にプレゼントしたことでも有名な獺祭。

特にメディアなどで、よく取り上げられる「磨き二割三分」は、精米歩合23%の驚異の磨き上げで、精米に168時間を費やしているといいます。

2002年のモンド・セレクションの金賞も受賞しています。



ここまで聞くと期待が高まります。

そして、念願の一口

!?

お酒を水で割ったの?

再度、味わいます。

口当たりは非常に優しく、日本酒によくあるアルコールの突き上げるような感じは全くしません。

スーと入っていきます。

そして、フワリとした香りの広がります。

クセがなく飲みやすいお酒なので、日本酒が苦手な人にはウケが良かったですが、僕にはちょっと物足りなさを感じます。

多分、晩酌でお手頃価格の日本酒を楽しんでいる人は、僕と同じような感想が多いのではないでしょうか?

人それぞれ、高いから美味しいわけではないのが、よく解りました。




posted by tara4343 at 13:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする