このブログだけでなく、姉妹サイトがあります。
右側に姉妹サイトの一覧があるので、ぜひ、見てやってください。





2019年03月19日

舞鶴観光  〜東郷邸〜

舞鶴観光の続きになります。今回、観光した一覧はこちら

舞鶴鎮守府 東郷邸

今回は、東郷邸です。


舞鶴鎮守府初代司令長官であった東郷平八郎海軍中将が、明治34年(1901年)10月1日の開庁以来、2年間を過ごした官邸です。

以来,歴代長官の官邸として終戦時まで使用されていました。

東郷平八郎さんだけが使用していたわけではなく、しかも官邸なのに東郷邸と言います。

確かに、東郷邸と言ったほうが響きがいいですもんね

この東郷邸は、映画のロケ地にもなっています。




以下、順を追って書いていきます。

玉砂利が敷き詰められていますが、これには大事な意味があります。

舞鶴鎮守府 東郷邸

この玉砂利によって、不審者が進入した場合、音で知らせてくれるわけです。

セコムもアルソックもない当時は、こうやってセキュリティを強化していたんですね。




舞鶴鎮守府 東郷邸

建物は、洋式建築の部分では長官の公務が行われ、和式建築部分は住居になっています。


まずは、洋式建築の部分から

と、いきたかったのですが、撮ったはずの写真が行方不明になってしまいました。

残っていたのは、この写真のみです

舞鶴鎮守府 東郷邸

歴代の司令長官が使った机です。

勿論、初代の東郷平八郎中将も使いました。




住居部分です。

舞鶴鎮守府 東郷邸

舞鶴鎮守府 東郷邸

舞鶴鎮守府 東郷邸




書斎

舞鶴鎮守府 東郷邸

舞鶴鎮守府 東郷邸

この部屋で、東郷平八郎海軍中将は日本海海戦の秘策を練ったそうです。

そう聞くと、僕もここで物思いにふけってみようかと思えてきます




書斎の眺めは、目の前に木があり(下のような感じです)

舞鶴鎮守府 東郷邸

少々、見ずらいかな?

以下、書斎からの眺め。

舞鶴鎮守府 東郷邸

舞鶴鎮守府 東郷邸

舞鶴鎮守府 東郷邸

紅葉の時期にはモミジがきれいなんでしょうね。





違う部屋より

舞鶴鎮守府 東郷邸

舞鶴鎮守府 東郷邸





この庭には、長官が「一心池」と命名した心の字の形をした池があります。

舞鶴鎮守府 東郷邸

舞鶴鎮守府 東郷邸

この池には、心という字形を表した池に一文字の橋を架ける手法で、中国の禅の思想を含み、極楽浄土や神仙境を遥かに遠く隔てた大海を意味するそうです。





[住所] 京都府舞鶴市余部下1200
[電話] 0773-62-2250 内線2208 (海上自衛隊舞鶴地方総監部 広報係)

見学ができるのは、毎月第1日曜日(1月のみ第2日曜日)の10:00〜15:00です。



追記、
地図から、その場所のブログ記事にいけるようにしています。



posted by tara4343 at 18:22 | Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。