このブログだけでなく、姉妹サイトがあります。
右側に姉妹サイトの一覧があるので、ぜひ、見てやってください。





2019年03月03日

海軍記念館  [京都府舞鶴市]

舞鶴観光の続きになります。詳細はこちら

今回は、海軍記念館です。

海軍記念館

海軍記念館

海軍記念館は、海上自衛隊舞鶴総監部内にある展示施設で、貴重な記念品、資料等200 余点が展示されています。

元は、旧海軍機関学校大講堂で、昭和天皇もいらっしゃったそうです。

海軍記念館

海軍記念館






入ってすぐに東郷平八郎提督の胸像と日章旗があります。

海軍記念館

IMG_20180506_131828.jpg

海軍記念館

胸像の方は、戦後、GHQの目に止まらないようにと、地中に隠されていたものです。

18年後の昭和38年に西舞鶴港の埠頭の土の中から、たまたま見つかったそうです。


日章旗の方は、飛行艇母艦「秋津洲」のものです。

沈没の際に、乗組員が持ち出したものです。

2つとも、ここにあるのが奇跡ですね。海軍記念館の入り口にある展示品にふさわしいです。





ここから、右に行くと講堂。左に行くと展示室です。

まずは、講堂の様子から

IMG_20180506_131013.jpg

IMG_20180506_131148.jpg

海軍記念館

天皇陛下の行幸に合わせて、急遽作ったそうです。

重みがあるというか、重厚なオーラを感じます。

この壇上に天皇陛下も立たれたのかと思うと、余計にそう思います。




展示品の様子

IMG_20180506_131451.jpg

IMG_20180506_131739.jpg

IMG_20180506_131856.jpg

海軍記念館

海軍記念館

海軍記念館



見学して、まず目に止まったのは、恩師の短剣です。

海軍記念館

映画などで見たことがあります。

海軍兵学校・海軍機関学校・海軍経理学校を卒業する際に成績優秀者に送られるものです。エリートの証ですね。




舞鶴に縁がある人と言えば、「東郷 平八郎」提督。

舞鶴鎮守初代司令長官として2年過ごしました。

それ故か、提督関連の展示物は多かったです。

東郷平八郎

東郷平八郎 色紙

東郷 平八郎

IMG_20180506_131446.jpg

海軍記念館

砂糖壺は、東郷元帥が「三笠」艦上で実際に使用していたものです。蓋の部分に碇マークと共に「みかさ」と書いてあります。



ここで、提督についてうんちくを。

日露戦争では連合艦隊司令長官として指揮し、日本海海戦で当時世界屈指の戦力を誇ったロシア帝国海軍バルチック艦隊を一方的に破って完勝。

これにより国内外で英雄視され、世界三大提督(ジョン・ポール・ジョーンズ、ホレーショ・ネルソン、東郷平八郎)の1人と言われています。

東郷平八郎提督を祀る神社まであるのだから、まさに「伝説の男」ですね。





「佐久間 勉」艇長

佐久間 勉

1910年4月15日、第六潜水艇が広島湾で訓練中に沈没し、全員が殉死しました。

その時の艇長が佐久間勉大尉です。

翌16日に第六潜水艇が引き揚げられましたが、あることが脳裏をよぎります。

先にイタリア海軍で似たような事故があった際、乗員が脱出用のハッチに折り重なったり、他人より先に脱出しようとして乱闘をしたまま死んでいたりと、修羅場だったそうです。

ところが、第六潜水艇の場合は、ほとんどの乗員は配置についたまま殉死、さらに佐久間艇長は天皇陛下に潜水艇を失う事への謝罪、乗員遺族への配慮、この事故を将来へ役立ててほしい事などを手帳にしたためていました。


それが、なんと展示されているんです(゚д゚)!

佐久間勉 遺書

同じ日本人として誇りに思います。

同じ船を預かる身でも、韓国のセウォル号沈没事故の船長とはえらい違いですね(^^;)




[住所] 京都府舞鶴市余部下1190
[電話] 0773-62-2250 内線2208 (海上自衛隊舞鶴地方総監部 広報係)





追記、
地図から、その場所のブログ記事にいけるようにしています。



posted by tara4343 at 22:03 | Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。