このブログだけでなく、姉妹サイトがあります。
右側に姉妹サイトの一覧があるので、ぜひ、見てやってください。





2016年02月27日

いい加減な宅配業者

この怒りは何処にぶつければいいのか!

腹立たしくてしょうがないので、鬱憤ばらしに、ブログに書きます…




事の起こりは、申し込んだSMART ICOCAを受け取る事に始まります。

SMART ICOCAの受け取りは、住所を含む本人確認のために、家で受け取らないといけません。

だから、営業所に電話をして、受け取り日時を指定しました。

にも関わらず、待てど暮らせど、その日は来ず…

来たのは、なんと翌日。

たまたま家にいたので良かったけど、何かいい加減。

まあ、荷物を受け取るまでのお付き合いなので…

そう思ったのですが…



いざ、受け取ろうと身分証明のために免許書を見せると、免許書と申し込んだ時の住所が一致しないというのです。

免許書は「◯丁目◯−◯」なんですが、僕がネットで申し込みの時に登録したのは「◯−◯−◯」

丁目がハイフンになっていると言うのです。

「一旦持って帰って、本社から送り主に問合せてもらってからでないと、お渡しできない」というので、規則は規則なので、その日は渋々納得しました。

ところが…





2日ほど前から、また、SMART ICOCAの届けが来ていました。

それが、アホの一つ覚えみたいに18時頃に来るんです。

カミさんが、20時以降でないといないと言っているにも関わらず…

カミさんが、もう少し遅い時間に来て欲しい旨を伝えると、露骨に嫌そうな態度で言い訳をして、受け付けてくれないそうです。

それをカミさんから聞いて、腹が立ってきたのですが、その怒りを抑えて、なんとか時間を調整して、免許書を見せると…

「住所が、丁目がハイフンになっています。」

「あっ!」

「確か前もそうでしたよね。」

って、それで、この前、持って帰ったのではないの?

それに「あっ!」って何?

今、思い出した?



「前もご迷惑をお掛けしているので、今回は今から電話で問い合わせします。今日中になんとかしますので…」

と言って、営業所に本社に問合せてもらうように電話をかけていました。

おいおい。

この前は、持って帰らないといけないと言っていたよな!

そう思いながらも、今日までの辛抱だと思い、怒りを抑えました。



「すぐに折り返し電話があると思うのですが、少し時間がかかるので、電話があったら、また、お伺いします」

と言って、帰っていったのですが…

その後、1時間ぐらいしてから、家に電話があって、カミさんが電話をとると、先ほどの宅配業者。

「今日なんとかお渡ししたかったのですが、問い合わせした時間が遅かったので今日は無理」とのこと。

それを聞いた僕は、流石に怒り爆発!

「この前、持って帰って確認すると言ったんちゃうんかい!」

「今日中に何とかするって言っていたよな!」

時間を指定しても、ちゃんとこない。
18時に来てもいないと言っているのに、同じ時間に来る。
もう少し遅い時間にして欲しい旨を伝えると、露骨に嫌そうにして受け付けてくれない。


流石に、堪忍袋の緒が切れました。

営業所に電話をかけて、事の次第を話しました。

すると…
どうやら、営業所の方は、初回の住所確認について、何も聞いてなかったそうです。

しかも、前回の証拠隠滅なのでしょうか?
同じ商品なのに、問い合わせ番号が変わっていました。

だから、営業所の方も、初回の受け取りの情報が分かりづらくなっていました。

前回の問い合せ番号が家に残っていたので、すぐに分かりましたが、そうでなかったら…



本当に、いい加減な運転手です。

あまりにも、腹が立つので、業者名を書いてやろうかと思いましたが、流石にそれは卑怯なので、やめておきます。

一言だけ…大手の宅配業者さんです。




タグ:宅配
posted by tara4343 at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック