このブログだけでなく、姉妹サイトがあります。
右側に姉妹サイトの一覧があるので、ぜひ、見てやってください。





2015年10月15日

今頃ですが、RAWデータで撮影始めました

デジタル一眼レフカメラを楽しんでいる人なら、知っているであろう「RAWデータ」。

カメラの画像保存形式で、カメラ側で写真処理ををしていない状態なので、JPEGデータに比べて、詳細に修正(RAW現像)を行うことができます。

「ニコン D90」の露出とホワイトバランスの調整が、なかなか納得がいかなくて困り果てて、辿り着いたのがRAW現像です。

敷居が高そうで、敬遠していたのですが、RAWデータを再生したり、編集したりできるソフトを使えば、JPEGデータと取り扱いは、然程変わりません。

このソフトは無料でダウンロードできます(
Capture NX-D

使ってみると、思ったよりも簡単で、[露出補正]  [ホワイトバランス調整] [輪郭強調] [コントラスト] [明るさ] [色の濃さ(彩度)] [色合い(色相)] [傾き修正]などの調整が可能です。

使い勝手がいいようにJPEGデータに変換してパソコンに保存しているのですが、この変換もこのソフトでできます。


RAWデータで保存するようになってから、撮影ごとに、露出やホワイトバランス等を調整を取らなくていいので、シャッターチャンスを逃さないし、気軽にシャッターが切れるようになりました。

だって、後から自分好みの写真に仕上げればいいから(^^)

一枚一枚、加工することで、写真に対して愛着も沸きますし、自分好みの色で写真が作れるのが、何よりも嬉しいです。



油断すると、すぐに白飛びしてしまうじゃじゃ馬なカメラには、RAW現像は絶対にお勧めです。

もっと、早くやっておけば良かったなあ。


posted by tara4343 at 12:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427872952
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック