このブログだけでなく、姉妹サイトがあります。
右側に姉妹サイトの一覧があるので、ぜひ、見てやってください。





2014年03月04日

「有馬富士公園」へ行って来ました  「あそびの王国」編

今回は、「有馬富士公園」へ行って来ました。


園内には、棚田、鳥の道、林・水辺・草地の各生態園など自然体験や生き物の観察に最適な施設や、日本の伝統的な住まいや暮らしを伝承するかやぶき民家があります。

とにかく広い公園で、今回は、「出会いのゾーン」しか回れませんでした。

その「出会いのゾーン」の様子を3回に分けて書いていきたいと思います。



第1回目は「あそびの王国」。

昔から有馬富士の地域は、雷が多いことで有名で、欣勝寺(きんしょうじ)には「雷井戸」の民話「くわばらくわばら欣勝寺」が残されています。

あそびの王国の遊具エリアは、この民話をもとに作られた物語「ありまふじとカミナリの子」をもとにデザインされています。

まずはマップから

有馬富士公園 あそびの王国
           画像をクリックすと拡大されます



以下、「あそびの王国」の様子です。 


有馬富士公園 あそびの王国

有馬富士公園 あそびの王国

「カミナリの砦」音を出して楽しむ遊具などがあります。







有馬富士公園 あそびの王国

 

有馬富士公園 あそびの王国

「鬼ヶ富士」大きい滑り台などがあります。






有馬富士公園 あそびの王国


有馬富士公園 あそびの王国

 
有馬富士公園 あそびの王国
 

有馬富士公園 あそびの王国

「みんなの村」砂場や迷路などがあります。 







有馬富士公園 あそびの王国

「鬼の食卓」食べ物や食器の形をした遊具があります。



全体的に、古びた感がありました。

できた当時は、きれかったんでしょうね。



「あそびの王国」対象年齢は、小さいお子さんから小学校低学年ぐらいまでかな?

そのぐらいの年齢なら、すごく楽しめると思います。








[住所] 兵庫県三田市福島1091−2
[電話] 079-562-3040
[休み] 無休
[時間] 9時〜17時(夏休み期間18時まで)
[駐車場] 無料駐車場あり

 

posted by tara4343 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック