このブログだけでなく、姉妹サイトがあります。
右側に姉妹サイトの一覧があるので、ぜひ、見てやってください。





2013年12月26日

10インチダッチオーブンでローストチキン

ダッチオーブンは持ってはいたのですが、今まで、全然興味がなかった丸鶏を使った「ローストチキン」

今年のクリスマスは、何故か食べてみたくなり、チャレンジしてみました。

丸鶏は、肉屋さんやスーパーなどで事前に頼めば、中の処理もしたものを売ってもらえるそうなのですが、今回はネットで冷凍ものを買ってみました。


ダッチオーブンを使う場合、12インチだと直径が30cmぐらいあるので、ある程度大きい丸鶏も調理できるのですが、我が家には10インチ(直径20cmぐらい)のダッチオーブンしかありません。

そこで、丸鶏の大きさは1kgのものにしました。





まずは、ゆっくりと時間を掛けて自然解凍します。

それから、中をよく洗います。

水気を取ってから下味をつけますが、中側もシッカリとつけます。

今回は、「香草焼きの素」みたいなスパイスが売っていたので、そちらを使いましたが、塩・コショウでも十分です。

P1080323.jpg

これで、しばらく冷蔵庫で寝かせます(今回は半日)

料理する前に、冷蔵庫から出して常温にしておきます。

取り出した時に、丸鶏の中に詰め物をしましょう。

中処理された丸鶏は、おしりの方に切り口があるので、そこから詰めます。

ローストチキン

今回は、タマネギの細切りにクレイジーソルトで味をつけ、オリーブオイルで絡めたものを中に詰めました。

ジャガイモ、人参、簡単に済ませたいなら、冷凍もののカット野菜やピラフなどなどお好みで。

ただ、火の通りに時間がかかるものは、事前に火を通しておいた方がいいです。

今回の教訓です。




詰め物をしたら、切り口を竹串などでフタをします。

ローストチキン

焼く前に、鶏全体にオリーブオイルを塗ります。

ここまでしてやっと焼きに入ります。

今回はユニフレームの10インチスーパーディープ(
関連記事はこちら)を使用しました。

予めプレヒートしておきます。 

ローストチキン

そこへ、底網を敷き、その上に鶏肉を乗せていきます。

ローストチキン

付け合わせのジャガイモも一緒に入れましょう。

タマネギを皮をむかずに丸ごと入れても美味しいらしいです。

それは次回のお楽しみに。




フタをしたら、フタの上にも炭を乗せていきます。

ローストチキン

下と上から熱を加えてオーブンと同じ効果を得るわけです。

下火4,上火6ぐらいの割合で、上火を強めにします。

鍋の中の音を聞きながら、強い雨のような「ザーザー」と脂の跳ねる音がするなら火力が強すぎ。

炭の量を減らし火力を調整します。

音が落ち着けば、後はダッチオーブンが仕上げてくれます(^^)




火にかけてから1時間ぐらい経ったのでフタを開けます。

この瞬間が緊張します(^_^;)

ローストチキン

「おおー」(^^)

美味しそうな仕上がりに思わず声が上がります。

ジャガイモも柔らかく焼けました。

早速、頂きます。

ローストチキン

ローストチキン

パサツキがなく、しっとりとしています。

ジューシーという言葉がピッタリ。

見た目も豪華なので、テンションも上がります。

正に、パーティーに持って来いですね。

ジャガイモも実に美味い!

ホクホクで、口の中で溶け、主役級の美味さです。




今回は、大成功(^^)v

こんなに美味しいのなら、次回は、キャンプでも作ってみようかな?


下準備を家でしておけば、いけるでしょう。



posted by tara4343 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック