このブログだけでなく、姉妹サイトがあります。
右側に姉妹サイトの一覧があるので、ぜひ、見てやってください。





2013年11月03日

コールマン 「ノーススター2000」のレポート

今回は、新しく買い換えたコールマンの「ノーススター2000」のレポートです。

買い替えの経緯はこちら



メインのランタンをガス式からガソリン式にしたかったのですが、コールマンの「ワンマントルランタン」と「ノーススター2000」で迷いました。

雰囲気的には、「ワンマントルランタン」なんですが、ネットの書き込みを見ていると、「暗い」という意見もあり、今使っているメインのランタン(詳細はこちら)が結構明るいので、明るいと噂の「ノーススター2000」にしました。


どうせ買うならセットがお得だろうと思い下のセットにしました。

コールマン 「ノーススター2000」

ノーススター チューブマントルランタン+エコクリーン+マントル【お得な3点セット】



これに追加で、ケースと燃料を入れるときに使う漏斗を追加して

コールマン 「ノーススター2000」

このように、大量購入になってしまいました。

まあ、後で買うものだから、まとめて買えば送料も得だし…(ランタン以外は、後でレポートします)



第一印象は、「大きい」そして「重い」。

質感があり、所有感はかなり満たしてくれます。


では早速、点火の支度を。

まずは、ホワイトガソリンをタンクに注入。

ここで登場するのが、

コールマン 「ノーススター2000」

コールマン 「ノーススター2000」

コールマン 「ノーススター2000」
      フューエルファネル


空気が入らないようにタンクの注入口と密着して使うと、自動で止まるという優れモノ。

不純物等を取り除くフィルターも付いています。


給油量の目安は、タンク8分目(燃料が燃料注入口からあふれない程度)。

燃料を入れすぎると空気圧をかけるスペースがなくなり、不完全燃焼の原因になります。



給油が終われば、ポンピング作業です。

コールマン 「ノーススター2000」

基本は、硬くなるまでポンピングを繰り返します。

ノーススター2000の場合は、目安にプレッシャーインジケーターがあります。

コールマン 「ノーススター2000」

ポンピングノブの押す部分の真ん中にある鉄の部分です。

ポンピング中に、これが出っ張ってきたのを感じたら、ポンピングOKです。




次に、マントルを取り付けます。

コールマン 「ノーススター2000」

縦に線が入っているので、この線が真っ直ぐになる様に取り付けます。

取り付けは、ワイヤークリップで簡単です。

コールマン 「ノーススター2000」



取り付けが完了したら、マントルを空焼します。

コールマン 「ノーススター2000」

コールマン 「ノーススター2000」

コールマン 「ノーススター2000」

このとき煙がすごいので、野外で行った方が良いです。




それから(って、まだ点火できないの?(^_^;))

燃料バルブを全開にします。

そうすると、空気が抜ける音から「ジジジ…」と液体が噴射されている様な音に変わってきます。

この音に変わったら、燃料バルブを閉めて1分ぐらい?待ちます(マントル内に残ったガスが拡散されるのを待ちます)

このガス抜きの作業をすることで、点火時の爆発が防げます。

実際に、この作業をせずに着火したら、爆発音が発生したので、効果はあると思います。

一度、使用してからの再度の点火では、この作業がなくても大丈夫でした。




そして、いよいよ点火です。

ノーススター2000には、自動点火装置が付いています。

コールマン 「ノーススター2000」

コールマン 「ノーススター2000」

単4電池1本を使うので、定期的なチェックが必要になってきます(電池切れでも、チャッカマンなどで点火は行えます)

この自動点火装置の赤いボタンを押すと火花が飛ぶので、ボタンを押しながら燃料バルブを少しずつ開いていくと火がつきます。

初めは炎が上がりますが、気にせずに燃料バルブを全開にして放置していると、火力が安定してきます。

コールマン 「ノーススター2000」


これだけ手間を掛けると、ランタンが点いたとき、とても嬉しくなってきますね。

この手間も、また、愛おしい(^_^;)



長くなってしまったので、
ソフトランタンケース2のレポートは次回に。



posted by tara4343 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャンプ道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック